吹き抜けにしたせいで冷暖房の効きが悪くて後悔しています。

一戸建てを建てるなら、明るくて解放感のある吹き抜けをつけようとずっと決めていました。

冷暖房の効きが悪いのは、友達の話やネットの口コミで知っていましたが、まぁ何とかなるだろうと思っていました。

ですが、いざ住んでみると、やっぱりどこからか隙間風のように冬は冷気が降りてきます。

夏はガンガンにエアコンをつけていますが、イマイチ涼しくならず、吹き抜けにした事を後悔しました。

建築前に設計士さんが、「天井にファンを取りつけて回すと、少しはマシになるよ」と、教えてくれたので、付けるつもりにしていたのですが、電気を取りつける関係上ベストな場所にファンを取り付けるのが難しく、結局ファンを諦める事にしたのです。

ネットでみていても、吹き抜けの天井にファンを付けているお家が多い気がします。

後づけで、どこかにつけようか悩みましたが、変な場所につけても意味がないので、このまま我慢する事にしました。

吹き抜けは明かりを取り入れるのには適していますが、特に冬場の寒さには向きません。

今は、吹き抜け部分に白いカーテンで仕切りを作っています。

そのおかげで、取りつける前に比べると、断然暖かさが増しました。

吹き抜けにより、部屋を2階の部屋を1つ分無駄にしたので、最初から吹き抜けを辞めて、部屋にしておけばよかったと思います。

こちらもおすすめ⇒注文住宅 鶴見区